上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はプレーオフ後のソフトバンク選手の涙が心に残り、あまり良い気分にはなれなかった。
前の記事に私はプロ野球選手の印象に残った涙について書きたいと語った。今回はその件とまたもプレーオフについて書きたいと思う

私が野球を見始めたのはいつだったのか覚えていない。ただ記憶にあるのは子供の頃(と言うより幼児の頃?)西武ライオンズは太平洋クラブだったと言う事だ。

私は水島新司さんの作品、 「野球狂の詩」 「あぶさん」が好きで、この作品のイメージが強くプロ野球選手は人知れず努力をしていて、どんなに苦しくても人前で涙を見せる事などないと思っていた。

しかし、1988年10月19日私の認識を覆す出来事が起こった!

以下はプレーオフ賛成の方は読まないで下さい!
1988年10・19と言えば知っている人ならすぐ思い浮かぶと思うが、
川崎球場での ロッテVS近鉄の最終戦 ダブルヘッダーである。

この試合は私の野球観を変えた一戦だが詳しい内容は後日機会があれば書きたいと思う。
結論から言えば、近鉄はこの日ロッテに2連勝すれば、西武を抜いて優勝だった。しかし、第一戦は勝ったものの第二戦は引き分けに終わり、優勝を逃してしまったのである。

プレーオフとは訳が違う。最後の一戦に負けた方は何も残らない平等な戦いだった。

その試合は近鉄が先攻だった為、優勝の可能性が無いのに最後の守りにつかなければならなかった。選手達はどんな気持ちだっただろう。
試合後選手たちが涙を流しながら通路を引き上げてきた。特に管理人の印象に残った選手、当時エースだった

 『阿波野投手が泣いている!!』 

当然、当時パ・リーグの試合など九州で放送されるはずは無く、関東圏であまりの熱戦に緊急に予定を変更して放送した以外は全国に流れる事は無かった。しかし、その日の『プロ野球ニュース』を見て私は涙を流してしまった。
次の年近鉄は雪辱を晴らしリーグ優勝するのだが、日本一には届かなかった。近鉄はシリーズでは印象に残る戦いが多かった。
それ以来私は、近鉄の優勝を願ってきたが、ついにその願いは叶う事は無かった。

その他にも西武時代の清原の日本一が決まる直前の涙や18連敗した時のロッテの黒木投手の涙、大野投手引退の時のナインの涙。そして去年の松中選手の涙など印象的な涙があった。10・19以来プロと言えど人間なのだという想いが私の中に芽生えた。

そして今年のソフトバンクの選手の涙は私は見ていられない。
2位・3位のチームが負けた時の涙とは違う、明らかに理不尽な涙なのだ。この想いはどこにも持って行き様がない!

2005年10月18日付けのスポニチ九州の沓屋 朗さんの記事『交差点』をここに引用したい。

『奇跡は起こらなかった。逆王手をかけ、大きな期待をファンにもたらした鷹軍団だが、5戦目で力尽きた。ヤフードームで、福博の街で、そしてお茶の間で見守ったファンから選手をたたえるとともに失望のため息もれた>昨年に続き、レギュラーシーズンを1位通過しながら、プレーオフ第1ステージから、駆け上がってきた、チームの勢いを食い止められなかった。1度どころか、2度まで苦杯をなめさせられた。これはもうこのプレーオフ制度に欠陥があるとしかいいようがない>負け犬の遠吠えでは決してない。なぜ136試合の勝者が、もう一度戦わなければいけないのか。「今まではオープン戦でこれからが本番です」と言われても納得できるものではない>確かに、消化ゲームは激減した。弱いチームはほくほくだろう。だが、最も努力したチームが最後で報われないというのは、明らかに公平ではない。新たな方式をつくることが急がれる』

私はこの記事に共感したので、そっくりそのまま引用させて頂いた。
プレーオフのおかげで、興行的には大成功だと言う。
しかし、ファンはその同じ舌で自分達の気持ちはお金に変えられるものではないとも言う。
今この気持ちが分かるのはソフトバンクのファンと選手だけである。

このプレーオフの5試合はレギュラーシーズンの136試合に匹敵する素晴らしいものだったと言う意見も聞く。
なんとも空しい言葉だろうか?本当にレギュラーシーズンを見てるのかな?と思ってしまう。考えて欲しい。今回のプレーオフ3勝2敗はシーズンなら1ゲームしか縮まらない。その差が3・5ゲーム差になるだけだ。しかし、現実はそれが全てなのだ。

お願いですから、ちょっと考えればあまりにもバカバカしいシステムだと分かるプレーオフは早期に撤廃して下さい。
本当に、

 『切実にお願いします!』 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kamui26.blog25.fc2.com/tb.php/8-426fb7e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
あそこのぷにぷにの濡れ濡れお肉公開ブログ!
2005/10/18(火) 21:29:26 | ぷにぷに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。