上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やはりカープは今年もこの男に頼るしかないのか?

広島カープのエース『黒田 博樹』がジャイアンツ打線を完封。打線もそれに呼応するかの様に7得点をあげ、やっとジャイアンツから勝利をあげることが出来た。

昨日の5回裏に同点に追いつき、降雨コールドとなったが、負けなかった事で流れが向いて来たのかも知れない。(本来なら勝ち越して欲しい所だったが。)

しかし昨日は審判も止めにくかったでしょうね。ジャイアンツが勝っている時点で、5回を終了せず止めたら、ブーイングでしょうし、カープが勝ち越してすぐ止めてもブーイングでしょうしね。でもTVで見ていてもいつ止められてもおかしくないくらいひどい雨でした。だからあそこでカープが追いつかなければコールド負けになると思っていました。

でも今日は本当に黒田のおかげです。ジャイアンツにこれ以上走られたら、セ・リーグはおもしろくなくなる。

私がジャイアンツを嫌いなのは選手個人が嫌いなわけではありません。
実際にジャイアンツ関係でいやな思いをした事はありますが、何がいやかって言うと、マスコミの報道ですね。

ジャイアンツは4年連続してVを逃した事は無いとか、ジャイアンツが強くないと野球がおもしろくないとか。

ホークスファンが、ホークスが弱くてもジャイアンツが強ければ野球はおもしろいと言うと思っているのか?セ・リーグの他のチームのファンはもっと切実。ジャイアンツが強くて自分の贔屓チームが弱くても野球はおもしろいって?


「ジャイアンツファンの発言ならいいが、仮にも報道関係者なら他チームのファンの事も考えろ!」


と言いたい。

ちょっと熱くなってしまいましたが、どこか1チームだけ抜け出してしまうとペナンとレースがおもしろくなくなってしまいます。
セの5球団はジャイアンツの独走を許してはならない!
もうちょっと戦力は拮抗していると思ったのになぁ~。

一方パ・リーグの方はマリーンズが躓いたせいでおもしろくなっている。しかし、バファローズも清原のばかげた発言もあり、じりじり順位を下げ、ライオンズも炭谷効果だけでは1シーズン持たないだろう。
すでにホークスやマリーンズが立て直し、徐々に本来あるべき順位に近づいているように見えます。後はライオンズがスタートダッシュの優位性を何処まで生かせるかですね。


今日はTV中継でジャイアンツ戦が無かったので、黒田の雄姿をナマで見る事が出来ませんでした。その代わりBS1でホークスVSイーグルス戦をやっていたのですが、ホークスが負けてしまいました。昨日までの戦い方を見ていたらとても負ける気がしなかったのに残念です。

さっきちょっと調べていたら、セ・リーグでもっとも得点の少ないドラゴンズが2位にいます。つくづく野球は不思議なスポーツだと思いました。(得失点から打率・本塁打・盗塁まで全てタイガースが上か同数なんですけどね。)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どこかが強いより、どこかが弱いより、戦力が拮抗した方が面白いに決まっているでしょうね。巨人におんぶにだっこだった野球界の体質が問題でしょうに…。巨人が弱ければ、球団経営が成り立たない=人気低下=面白くない、につながっている。マスコミも巨人の人気などによって成り立っている部分もあるので、しかたないかもしれませんが、それでもねぇ…。でも、たぶん、これは無理なんでしょうねぇ…。今の体質では…きっと…。
2006/04/28(金) 01:41 | URL | 妃垣俊吾 #-[ 編集]
ちょっと感情的に書き過ぎましたね。でも思った事をオブラートに包み遠回しに書くより、そのまま書いて、例え批判意見でも正直な気持ちをぶつけられた方が意味があると思っています。だからこれからもこういう記事も書いていきます。

えぇ、今の体質ではきっと無理でしょう。TV中継などジャイアンツファン以外の人が見ていたらおもしろくないですよ。BSやCSで他の中継を見られる時は私はそっちを見ています。

今はジャイアンツファンだけでは、プロ野球界は成り立たない時期に来ています。視聴率のことを考えるなら、あの構成はジャイアンツファン以外の視聴者を確実に逃していると思います。

野球中継としては全然おもしろくないですから。
2006/04/28(金) 16:07 | URL | 神威 #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kamui26.blog25.fc2.com/tb.php/76-0edadf22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
地域に根ざそうと努力している頃のブルーウェーブには興味があった。特に震災に見舞われた年にユニホームの袖に「がんばろう神戸」と付け被災者の人々を勇気づけた姿勢は記憶に新しい
2006/04/28(金) 22:39:51 | プロ野球狂の詩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。