上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月31日、セントラルリーグも開幕し、これから長い長いペナントレースが始まる。

他球場の試合経過が5試合並ぶと、「ついに始まったんだなぁ~」とわくわくした気分になる管理人です。(笑)
さて、今日のセ・リーグ開幕戦で、一番いい試合を展開したのはドラゴンズとカープの試合ではないでしょうか?しかし、明日以降もこういう闘いが期待できるドラゴンズに対し、カープは現在の所やはり黒田頼み。黒田がこれくらいの投球が出来る事は承知の上だが、後の投手が続いてくれるかが問題である。
しかし、今年のセ・リーグは案外おもしろいかもしれない。パ・リーグよりも。
今日の一試合を見ただけでは分からないし、戦力的にも拮抗していると思う。敢えて順位予想をさせてもらうなら、

D・G・T・S・YB・C

だろうか?私はアンチジャイアンツだが、それでも戦力は整っていると認めざるを得ない。まあ、それで絶対に勝てる訳ではない事は先のWBCで証明されているのだが、それでも脅威には違いない。中日に関してはやはり投手力と全体のバランスがいい。去年も交流戦と後半の失速がなければと悔やまれるが、落合監督が去年の失敗をそのままにしておくとは思えないので高い評価を与えた。
しかし、冒頭に書いたように今年のセ・リーグはパ・リーグよりおもしろいと思う。現時点ではどのチームが抜け出すとも思えないし、脱落するとも思えない。予想が難しいほど戦力が拮抗しているのではないでしょうか?

対してパ・リーグはホークスとマリーンズが抜け出している。その上プレーオフなんて制度があるから、この2チームが3位以下に落ちる事はありえないだろうと思って見るペナントレースは何となく興奮を削がれる気持ちだ。
今日はホークスにイーグルスが勝った。一場の今期初勝利がイーグルスの初勝利となった。去年よりはマシな試合をしていると思うし、頑張って欲しいけどまあ今年は無理そうです。
で、パ・リーグの予想ですが、

H・M・L・Bu・F・E

です。3~5位は流動的だと思うんですけど、1・2位は磐石だと思うんでなんか興奮に欠けますね。セ・リーグもこれを真似するとは・・・。
ホークスとマリーンズだけは次元が違う野球をやっています。他の4チームとは大きな差があると思います。イーグルスも今後の頑張り次第では最下位脱出ぐらいは可能かも知れません。可能性は低いですが・・・。

何はともあれ、各チームとも我々野球ファンを秋まで楽しませてくれる事を期待しています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
セも始まって、いよいよって感じですね。熱いシーズンを期待します。セとパの順位予想はほぼ私も同意見です。でも、これが秋になったら、えーって思えるような結果になる方がきっと面白いんでしょうね(笑)。大混戦を望みます。
2006/04/01(土) 04:10 | URL | 妃垣俊吾 #-[ 編集]
いやぁ~、楽しみですねぇ~。
私も妃垣俊吾さんの仰るとおり、秋には思いがけない結果があるといいなと思っています。セ・リーグは本当に楽しみです。
パ・リーグはホークスファンですが、そうじゃなければファイターズに頑張って欲しいですね。やはり同じ地方展開をしているチームとして頑張って欲しいですし、長年優勝から遠ざかっているチームが優勝すると盛り上がりますしね。北海道にチームを根付かせる為にも、ファンに優勝の味を教えておくべきですね。(笑)イーグルスにもそうあって欲しいですが、まだちょっと早いみたいですね。
2006/04/01(土) 18:50 | URL | 神威 #aIcUnOeo[ 編集]
出張お疲れ様です。
ちょっとは落ち着いて野球を観戦できる状態になりましたか?
いや~っ、ついて12球団揃い踏みですね。
長いペナント、色々あるでしょうが楽しんで行きましょう。
2006/04/01(土) 19:42 | URL | kane #-[ 編集]
出張は突然決まるので、なんとも言えないんですが・・・。本来早々あるものじゃないんでもう落ち着くと思います。
これからの長いペナントレース。本当に楽しみにしています。ホークスもファイターズも納得のシーズンを遅れるといいですね。もちろんシーズン1位はホークスですけど。(笑)
2006/04/02(日) 17:45 | URL | 神威 #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kamui26.blog25.fc2.com/tb.php/62-ebb12186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ボクが生まれるずーっと前、伝説となっている2人の監督の話である。本来なら物語の一冊もできる程の深い歴史を、思いっきりかいつまんで書く。関連文献を読む度に今日のプロ野球の発
2006/04/02(日) 16:55:46 | プロ野球狂の詩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。