上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本のスポーツ新聞は、あの誤審のせいで日本は負けたと大騒ぎである。しかし、アレで得点が入っていても確実に勝てたかどうか分からないのも事実であると思います。
私は誤審は起り得るもので、問題は判定を覆した事にあると思っています。
しかし、私はその後のスポーツニュースでの西岡のインタビューに感動しました。

「審判の判定は覆らないスポーツなので、もっと慎重なスタートを切らなかった自分が悪い。」

というような事を言っていました。日本て素晴らしい国ですね。
私も学生時代に運動部に所属していましたが、まず礼儀を重んじる。相手に敬意を表し、審判の判定を重んじる。ルールは守る。それはとても素晴らしい事です。日本人にとってスポーツは己との闘いなので、ドーピングなども禁止する事無く一番真面目だそうですね。ただ勝つためだけに相手の悪い所を真似する必要など無いと思います。西岡選手は子供の頃からそういう精神を学んできたのでこういう言葉が出たのだと思います。最後に勝てたら最高に幸せですが、そうでなくてもそれまでの過程も評価したい。プロである以上、ある程度の結果は必要だと思いますが、いくらお金を貰っていても出来る範囲というものはあります。その基準を何処に置くかは個人によって違うと思いますが・・・。

今回のWBC参加にしても、王監督が最初に言ったのは、まず始める事が大切だという事。第1回があって初めて2回・3回があるという事。
それは今回勝てるならそれに越した事は無いですけど、例え負けても回を重ねていくうちに追いつき追い越せばいい。『継続は力なり』とにかく続けていけば、その歴史が重みとなる。

当然道は険しいが、今大会も日本はまだ終わっていない。第1回大会の代表選手たちは、この次の選手達の道標になる役目も担っている。

ただジャッジに対して文句を言うだけでなく、日本人らしく自分に厳しい姿勢を貫いた西岡選手はカッコよかった。他の選手達もがんばってくれると信じている。
今日韓国は2連勝で、恐らく準決勝進出は確定的でしょう。日本も残り2連勝で、準決勝に勝ち進んで欲しい。

ところで、何度も書きますが、準決勝に行くと韓国と3回当たる事になるんですよね。せっかくの世界大会なのに不思議な組み合わせだ。
ここのところも、改善の余地があると思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kamui26.blog25.fc2.com/tb.php/52-5dd2a184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。