上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「阪神はソフトバンクより弱かったです

よ!」


いきなり阪神ファンに怒られそうな出だしだが、私はロッテの選手にこのセリフを言ってもらいたい。
1989年の日本シリーズで、近鉄の加藤 哲朗が巨人に3連勝した時に言ったセリフが「巨人はロッテより弱かったですよ」である。
このシリーズではこの言葉に発奮した巨人が3連敗の後4連勝し、日本一となった。
しかし今回は阪神をバカにして言って欲しい訳ではない。1989年当時ロッテは最下位だった。そのロッテと同等に扱われた事が、セ・リーグの覇者のプライドを傷つけたと言える。

しかし、今年のソフトバンクはペナントレースを1位通過したチームである。何度もいうが、プレーオフ反対派の私としては、その事をロッテには証明して欲しいと思っている。



さて、日本シリーズ第2戦。昨日の勢いそのままにロッテが初回から先制点を奪う。そして、中盤までは安藤も粘ったが、6回裏にロッテが一気に畳み掛けた。今日は今江の昨日から続く8打席連続安打のおまけつきで、10点を奪った。投げては、先発の渡辺 俊介が4安打の完封勝利である。

第3戦は舞台を甲子園に移すが、阪神はここで一つでも負けると苦しいと思う。今日の試合で、終盤 阪神の選手は集中力が切れていた。ミスから失点が多かった。しかも勝利の方程式以外の中継ぎ陣がことごとく打ち込まれている。昨日、今日で、ロッテの先発の安定感は証明された。プレーオフからここまでの9試合でロッテは先発が崩れてしまった試合が一試合も無いのだ。この事から考えても、阪神が勝つには僅差の試合しか考えられず、一試合落とすとロッテの3勝2敗で千葉マリンに戻ってくる事になる。恐らくここでロッテは、清水 直行・渡辺 俊介で来るだろうから、2連敗は考えにくい。阪神が優勝するには、甲子園で3連勝するしかないのでは?と私は思っている。

しかし、野球は何が起こるか分からない。甲子園で阪神がロッテを大差で叩き潰すかも知れないのだ。そうなると一気に流れが変わる事も考えられるが、今の状態では考えにくいのも確かである。

明日の先発予想は、阪神が下柳 剛・ロッテが小林 宏之である。
私は明日も先発に関してはロッテが有利と見ている。
阪神は今日のようなミスの連発では到底勝てない。
阪神が勝つには僅差の継投勝負と私は見ているのだが・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kamui26.blog25.fc2.com/tb.php/13-126c1ec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。