上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めにお断りしておきます。

私はフィギュアに関する知識はまったくありません。

今まで特に興味も無かったのでTVで見たこともありませんでした。当然ナマで見たことなど一度もありません。
今日はたまたまTVをつけたら全日本フィギュアをやっていたのです。
つけたときは浅田舞選手が滑っていました。

「へぇ~、フィギュアってのもすごいもんだな~」

ただ漠然とそう思っていました。
そしていよいよ最終グループが登場。
会場が盛り上がる。よく分かりませんでしたが、最初に演技した荒川静香選手の演技を見てその意味が分かりました。

なるほど、素人目に見てもレベルがまったく違う!
その滑りの美しさに一気に画面にのめり込みましたよ。

そして今日一番感動させてくれたのは、恩田美栄、村主章枝選手でした。

最年少の浅田真央選手がトップに立った直後の演技でした。
(浅田真央選手もすごかった。年齢制限でオリンピックには出られないとの事ですが、残念な制度ですね。)

恩田選手の迫力の演技に、会場の空気が変わったような感じがしました。私は野球場に空気が変わったと感じる時があります。試合の流れというかどんなスポーツにも共通するものがあるんじゃないかな?なんとなくそんな感じがしました。会場におられた方は特に感じたんじゃないかと思います。(だからスポーツはナマで見るのが一番だ!!)
結果、恩田選手はその時点で3位でしたが、ゲストの伊藤みどりさんの

『彼女は自分に勝った!』

と言う言葉が印象的でした。

その直後に村主章枝選手の演技。
圧巻でした。恩田選手の演技に泣きそうになりましたが、村主選手の演技でちょっと泣いちゃいましたよ。
会場の雰囲気も村主選手の世界になったようでした。明らかに会場の空気が変わった様に感じました。
冒頭に書いたように私は素人です。しかし、それでも村主選手の演技が終わった後に、これは高得点が出るだろうと思いました。

その予感どおり、村主選手は高得点でトップに立ちました。

その後、中野選手、安藤選手も素晴らしい演技を見せましたが、村主選手を捕らえる事は出来ませんでした。

フィギュアもいいもんだなぁ~。とトリノ オリンピックの楽しみが増えました。

そして、この試合後トリノ オリンピックの代表が決まりました。

村主章枝・荒川静香・安藤美姫の3人です。
今までフィギュアは選手の名前と結果ぐらいしか知らなかったけど、トリノオリンピックではその演技も楽しみにしたいと思います。

代表に選ばれた方々はがんばってください。
スポンサーサイト
ジャイアンツは今年も他球団から多くの補強をした。
プロである以上成績が悪ければ、来期に向けて補強をするのは当たり前だとは思う。
しかしなんだろう?この違和感は?

ジャイアンツはいつも他球団の顔とも言える選手を掻っ攫って行くのだ。ジャイアンツファンからしてみれば、プロだから当たり前だと思うかもしれないが、これはやられた方にしか分からない。
小久保がジャイアンツに無償トレードされた時の気持ち、これが今年は小坂を金銭トレードされたマリーンズファンにも少しは理解して頂けたと思う。

それにチームの若返りは来期も出来そうにありませんね。内野はもういっぱいだし、二遊間は余りますね。誰か外野にコンバートしますか?(小坂がコンバートされて潰されたら可哀想で見ていられない。)外野も若手が出る幕ありませんね。投手も補強しましたから、こちらも若手が出る幕ありませんね。シーズン途中でチームが機能しなくなってから、若手に切り替えますか?今年と同じですね。

多くのアンチジャイアンツブログさんが、仰っているように、原監督にお尋ねしたい。

『ジャイアンツ愛ってなんですか???』




愚痴を書いているのは重々承知の上です。
でもどうしても引っかかるもんで・・・。
昨日速報で訃報を知って、いてもたってもいられずにキーを叩きました。
『週刊ベースボール』で豊田泰光さんが、元西鉄の同志があんな高齢で監督業をやらせるなんてつらくて見ていられないといっておられました。まさか現実になるなんて夢にも思っていませんでしたが・・・。

一夜明けた今、仰木さんについて語りたい事が山ほどあるような気がしますが、記事にしようという気力が湧いてきません。どのような言葉でもこの喪失感は表せないような気がします。

私の記事をごらんになった方はお分かりになると思いますが、近鉄時代の仰木さんに与えられた影響が大きいです。

あの頃からずっと名将を見る目で監督の姿を追ってきました。

どの球団のファンという垣根を越えて、また一人日本球界は大切な人を失ってしまいました。

今はただただご冥福をお祈り致します。
元オリックス監督 仰木 彬さんが亡くなられました。
私にとっては近鉄時代の仰木さんが印象に残っています。

今はとても悲しい気持ちで一杯です。

ご冥福をお祈り致します。
最近更新が滞りがちになってしまってます。

仕事柄、どうしても飲む事が多くなってしまい。
記事をまとめようとしているとどうしても眠くなってしまうんですよね。

ほぼ毎日更新されているブログさんは、すごいなぁと尊敬してしまいます。(笑)

書きたいネタは結構あるんですよ。ただ細かい所を忘れてしまっていたりして、裏を取っていると時間がかかってしまったりします。

とりあえず次回は1999年のホークスについて書いてみたいと思っています。
実は、この作品が私の野球狂の詩の出会いなのである。
しかもアニメ版である。
これに感動して、コミック版野球狂の詩を全巻揃え、水原勇気を知りアニメを全部見たのである。

双子の兄弟火浦 健と王島大介は幼い頃親に捨てられ、正反対の人生を歩む。そしてお互いプロになって対決するというストーリーである。
アニメ版のOP・EDはいい曲ですよ~。

最後に火浦は母に出会うが、育ての両親と幸せに暮らしている王島には結局その事を告げず、これからもライバルとして、互いにがんばる事を誓うのだった。

ありきたりのストーリーだが、火浦の生い立ちには泣ける。北海道の好投手ながら、育ての父親がやくざであった為に野球部を追い出され、息子の為にやくざをやめる決意をした父は組に殺されてしまう。仇を取る為、組長を刺した火浦は服役。
一方、王島は鹿児島の裕福な家庭で育てられ、高校では有名なスラッガー。

こう書くと火浦に同情してしまいそうだが、そこをどちらも負けられない戦いに描いてゆくのが、水島先生のうまさだと思う。
水原と武藤にしてもこういう展開が実にうまい!

このエピソードの他にも火浦は東京メッツのエースとして登場している。
野球狂の詩の中で、私が一番カッコいいと思う男なのだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。